• ホーム
  • ご挨拶
  • コース案内
  • 料金案内(ベストレート)
  • イベント情報
  • レストラン
  • 練習場
  • 施設・観光案内
  • 宿泊案内
  • おみやげ
  • アクセス

富士屋ホテル仙石ゴルフコースヒストリー

上:開場当時のコース
下:地元の学生キャディとプレーヤー

富士屋ホテルの山口正造は、1900年(明治33年)、18歳で渡米し、さらに英国で7年間ホテルのボーイなどをして帰国後、富士屋ホテルの経営を預かることとなり、欧米の一流ホテルが付属ゴルフコースを所有することに習い、早くからゴルフコースの建設の意図を抱いていました。1915年(大正4年)ゴルフ場を建設して来遊客のサービスを図ることを決意し、県知事の賛成を得ましたが、建設費用が膨大だったため、ホテル直営の困難を感じ、箱根ゴルフ及び銃猟倶楽部を設立し、同士を集めて建設を図ることとなりました。

仙石原村長と山口正造との間に、仙石原村有地に地上権設定の契約をしましたが銃猟に関しては法規その他の障害で実現をすることはできませんでした。その後、会員の募集をはかると共に、県費の補助を得るため、1916年(大正5年)新任の県知事・有吉忠一氏宛にゴルフ場建設の補助金申請を提出、当時すでに英国でゴルフを始めていた有吉氏はゴルフに関しては極めて理解があり、名勝地改善補助金の名目で1917年(大正6年)2月・12月と翌年の11月の3回にわたり、計3,000円県より補助を受けることができました。

1917年(大正6年)4月に横浜・根岸のニッポン・レース・クラブ・ゴルフアソシエイションのキャプテンF・E・コルチェスター氏の設計でコース建設に着手し、同年7月に7ホールが完成し開場。ちょうどその頃、宮ノ下御用邸(現、富士屋ホテル別館「菊華荘」)に避暑中の東宮殿下(後の昭和天皇)が仙石ゴルフコースに毎週のように行啓。当時はクラブハウスもなく、葦簾ばりの小屋を仮設して、殿下のご休憩所としていました。同年の9月に9ホールが完成し、1918年(大正7年)にクラブハウスが新築されました。その頃から箱根ゴルフ倶楽部は経営難に陥ったため1920年(大正9年)、従来の倶楽部組織を解散し、その権利一切を富士屋ホテルに譲渡し、新しく富士屋ホテルの直営で名実ともにパブリックコースとして発足となりました。

関東における唯一のリゾートコースとして内外に親しまれ、1935年(昭和10年)コース賛助会の後援のもとに拡張計画が整い、赤星四郎氏の設計により、イン9ホールが竣工して、全長6,320ヤードの18ホールが完成しました。
1932年(昭和7年)頃、ゴルフ場のキャディ会員は同村小学校尋常5年以上の高等科の男子(後に、女子も含む)で構成され、小学校長と富士屋ホテルキャディマスターにより紳士的教育を受け、プレーヤーからの評判も高かったそうです。
1937年(昭和12年)には、クラブハウスの増築が行われ、付属ホテルができると共に、1939年(昭和14年)には山梨県・明見村から、百余年を経たと言われる古式の百姓家を移築して、クラブハウスの一部に加えました。(午六山荘)
1945年(昭和20年)富士屋ホテルと共に米軍に仙石ゴルフコースも接収されましたが1952年(昭和27年)にようやく接収が解除され、パブリックコースとして再開をしました。

このページの先頭へ